140615_120306


先月実家に帰ったときの写真です↑

こないだ早朝散歩のときに、じゅんさんといわゆる「犬語が通じる通じない」という話題が出てて
思い出したので、久々に写真を。


ジョーとビビがあうのは1年ぶりくらいかな。
1年ぶりにして、はじめて同じ場所で同時フリー。思い切りました(笑)
 


ビビとは保護当時はよく会ってたし、
今のジョーならフリーでもいけるやろうと。


で、いけました。
絶妙な距離を保ってて、「ジョーやるやん」


140615_120252

140615_120317


私に寄ってくるのも時間差で↑



が、同じ空間にいる時間が長くなってきて、ジョーの気持ちも大きくなってくると・・・



詰めちゃう、ビビとの距離を。

そしたら、ビビが軽めにガウっとして、プイっと離れちゃう。
その瞬間、ビビのお尻に匂いをサっと嗅いで確かめるジョー。


だから。
多分わかってると思うんです。
ビビが不快になってるのは。


が、でもまた詰めちゃう・・・
(の私が目を離すわけにはいかない)



どうもビビは嫌そうだ・・・はわかっても、
でも何が嫌なのか?どうしたらいいか?わかんないのかな。

見方を変えれば、適切な距離を保つということが強化されていないとも言えるだろうし。



キャッチボールに例えると、

「ボールをうまく受け取れても、うまく返せない」そんな感じでしょうか。




とはいえ、実際は、ビビが大して嫌がってたわけではないというだけかもしれないし(嫌なら彼には家に入るという選択肢がある状況なのに入んないし)。



どうなんでしょうねえ。
すいません、オチはありません(^_^;)