気づけばひとつき放置・・・。
今月は、10年ぶりにインフルエンザにかかりまして(;´Д`)

確定が遅かったのでタミフルなんかも使えず、ただひたすら自力で熱がさがるのを待つという・・・地獄!

そうすると治るまでに時間がかかるわけで。

「あ、らむの耳が汚いー」って思ってたんですけど、しんどくて全然何も出来なくて、
私のインフルが治ると同時に、らむの外耳炎が悪化してました。


うひょーごめーんと思って病院に行ったんですが、
ま、外耳炎は投薬で治るってことで、
それよりも、まさかの「心臓」が引っかかってしまいました。




で、本日検査。

心臓肥大と左心室から左心房への血液逆流あり。

小型犬でよくあるのが「僧帽弁閉鎖不全症」なんですが、
僧帽弁がちゃんと閉じないので血液が逆流しちゃう→体にまわる血液が減る→心臓が頑張って血液送らなきゃと過剰に動くし、容量も大きくなる→心臓肥大する→他の臓器にも影響が・・・

らむの場合は、その僧帽弁の異常が典型的なパターンとは外れるらしく、
すべての検査結果を心臓専門の先生に見ていただくことになりました。


投薬が必要かとか、運動制限をどうするか、とかそういうのは
その専門医の見解を待ってからということで。

でも、その先生がすごく忙しいらしく、いつ見てもらえるのか未定orz。


自覚症状が無いし、まだ若いので、様子見でってこともあるかなとは思うんですが、
それでもこれまで通りの運動するってのもどうかと思うし・・・。
でも、今後あんまり走らせられないのかなあとか、興奮もアカンなあと思うと・・・うーん。


それでも、早めに病気が見つかったのはとりあえず良かったなということで。
そうか、そうか、そのためにインフルかかっちゃったのか。


いや、でも、まだBlogPaint
若いわーーーあほーーーー(誰に??)


あ、本人はいたって元気です(・∀・)。