らむちゃんの病院がめでたく終わりましたが、ジョーの病院通いが始まりました^^; 

前足の甲・前足の内側・胸の赤み。

掻きむしるとかは無いけど、 ご飯を替えても変化が無いので通院することにしました。


病院は、らむちゃんと一緒のI病院で。


初めての病院なのでどうかなーと心配しましたが、
病院に入ることを断固拒否!

抱っこして入りました。


最初先生は不在で、看護師さんと体重測定とセロテープ検査。

セロテープ検査って、セロテープを患部にペタっとくっつけて剥がし、菌等を見るのですが、
看護師さん、前足にセロテープを貼ろうと・・・


ここでもジョー断固拒否!
何とかなだめつつ保定してたのですが、

ごごごごごおおおー

とジョーが地響きのような唸り音を発しはじめ・・・


あかん、これあかんやつや(; ̄Д ̄)ってことで、前足は断念。
後ろ足でお願いしました。

結果、なんやかんやと菌が出たようで(汗)。
でも、ここはやはり先生の方針。

「まずは、抗菌剤無しで、この子の回復力を見ます」ってことで、
栄養剤の補充。

ミネラル粉末
コエンザイムQ10
ビタミンC
ビタミンA

早く良くなりますように。


それにしても・・・初めての病院、他の犬が居ない完全予約制の時間帯でしたが、
駐車場に着いて、病院方面に一歩歩きだす時点で拒否してました。
ふんばって「絶対行かねーから」と。

バレたかーと思ってたけど、ダンナ曰く病院のドア開けた時の「病院臭(消毒薬くささみたいな)」が凄かったと。

ってことは、犬にしてみたら、車降りた瞬間から「病院臭」してたんでしょうね。
そりゃバレるわ。

実際、苦手なものに少しずつならそうとする、ということに関して、
私自身がこれまでやってきたことよりもっと繊細なんちゃうかと。

ジョーと数年付きあってきて、少々強引で大丈夫な部分とそうでない部分(これ、個性ってやつではないのか)が見えてきてて、
そう思います。

来年の課題です。